カードローン(即日借りたい)イマナビ

貸し出しサービスを選択する前に、まずはご利用基準を明確にしておきましょう。
目的となる借り入れ金額により、ご利用のサービスも企業も異なります。
たとえば300万円の資金を必要とする状況で、100万円までしか貸し出しを実施しない企業をご利用になるのであれば、間違った選択となります。
このケースの場合には、さらに他社から借り入れを実施しなくてはなりません。
多重債務を抱える場合にはリスクが増えるため、借り入れ契約は一つの方が好ましいです。
よって、300万円を必要とされるのであれば、300万円まで貸し出しを実施する企業を、ご利用条件に据える必要があります。
企業が貸し出すお金の限界は、貸し出し限度額を参照することで確認可能です。
企業が設定する限度額は様々であり、貸し出し限度額を超える内容は実施されません。
借り入れ目的の基準に合致するかどうかは、企業の限度額の参照により判断するのが良いでしょう。
借り入れ目的金額が高額であれば、それに見合うサービスに絞って企業を選択します。
他の貸し出しサービスと比較して、高額な限度額を多く含むのがカードローン事業です。
もし高額融資が必要であれば、カードローンサービスを提供する企業に絞って、ご利用検討を実施しましょう。

カードローンを提供している企業にはじぶん銀行おまとめや借り換え目的での利用など様々な金融商品が存在しますのでどれを選ぶのが一番お得かチェックするのがおすすめです。

今月ピンチ!キャッシングのおすすめは?

キャッシング審査と社宅

キャッシングの審査をするとき、家もその審査対象となります。キャッシングの審査において最も有利なのは、持ち家に住んでいることですが、なかなか夢のマイホームに住むと言うのは大変なことです。だからといって、そのほかの居住形態だとキャッシングでお金を借りることが出来ないわけではありません。

例えば、会社の社宅に住んでいると言う方もいることでしょう。社宅の場合には、持ち家ほどではありませんがそれなりに審査では有利となります。それはなぜかと言うと、社宅に住んでいると言うことはその会社に勤めているということの証明となるからです。勤務先も審査対象となりますので、それが証明されるのであれば一石二鳥です。

また、社宅の場合には夜逃げがしにくいというのもあるでしょう。これはあくまでもお金を貸す側の都合なのですが、夜逃げをされてしまうと困ってしまいます。持ち家や賃貸住宅で夜逃げをしてしまうと、なかなか捕まえることができません。しかし社宅は少し事情が異なります。社宅から夜逃げをしてしまうと、そのことが家から会社に伝わってしまう可能性が少なくはありません。会社にいにくい雰囲気となってしまうため、夜逃げをしにくいという事情があるのです。

融資はいつでも、ご利用は計画的にが大切です。

借入れと聞くとみなさんはどんなものを思い浮かべますか?会社の社長や個人事業主でない限りは、「マイカーローン」「住宅ローン」「教育ローン」などが浮かぶと思います。現在住宅ローンは変動金利で1%以下、マイカーローンや教育ローンは3%以下の金融機関が多く見られます。

では同じローンでもキャッシングやカードローンの金利を見たことはありますか?多分倍以上の金利が提示されているはずです。これはなぜなんでしょうか?金融機関では資金使途、必要理由、担保、返済能力を総合的に見て判断しています。上記の「マイカーローン」「住宅ローン」「教育ローン」などは明確な資金使途があり、その他もエビデンスをいただいて細かく見ています。

一方、カードローンやキャッシングは資金使途は明確には聞きませんし、必要書類も免許証などの本人確認資料だけで足りる場合がほとんどです。返済できなくなるリスクも多いため、保証料も込みの金利設定にぬっているため負担金利が高いのです。CM等で「ご利用は計画的に」とうたっているのはこのためです。一言で言えば、借りるのが簡単な融資は審査という入り口が甘いため、金利が高いと言えます。なのでキャッシングやカードローンをする人も使い方としては、しっかりと資金使途や必要理由、返済計画をしっかりと立てて借入れをすべきと言えます。計画に利用できる方には増額申込みをおすすめします。モビット増額申込み方法は専用ページから申込みできます。

セブン銀行のキャッシングサービス

銀行、消費者金融、信販会社から多くのキャッシングサービスが提供されていすが、どれもこれも似たようなサービスばかりです。キャッシングサービスでナンバー1のポジションを取るためには致し方ないのかもしれません。そんな中、セブン銀行から提供されているサービスが、完全にニッチ市場を狙っており、独自の面白いキャッシングサービスです。

利用できるのは、セブン銀行に口座を持っている方となりますが、持ってない方でも申込と同時に口座を開設すれば利用可能です。申込は、webからのみとなり、審査時間は最短10分と業界最速の速さです。申込に当たっては、本人確認書類や収入証明書などの必要書類はありません。電話でのやり取りなどもいっさいありません。また、借入も返済もATM利用手数料は無料です。通常の返済は口座振替となります。

借入利率は年率で15%で、これは一律となります。例えば、1万円を1週間の利用で利息は約28円となります。借入限度額は、10万円、30万円、50万円の3種類のみとなり、10万円、30万円の場合の増額申し込みは利用から2か月以上経過したのちに申込可能となります。返済はセブン銀行口座振替で、10万円までは原則5000円、30万円、50万円は原則10,000円となります。追加返済は、24時間365日いつでも可能で手数料も無料です。

ここまででも、非常に独自なサービスであるのですが、さらに、審査時に在籍確認のための勤務先への連絡がありません。利用限度額を少額とすることで、利用者にとってこれまで厄介かつ面倒であった作業をすべて省いたようなキャッシングサービスです。

審査基準ってカードローン商品によって違うの?

あの会社のカードローンは大丈夫だったのに、この銀行のカードローンは審査が通らなかったなんて経験をされたことはありませんか?
カードローンはその内容によって審査基準は異なります。

一般的なカードローンは一定の収入を得ていること、今までに返済で問題を起こしていないことなどの条件を満たせば無事に申し込むことが可能です。

しかし銀行系カードローンなどより条件のよいカードローンの場合はさらにいくつかの条件を満たす必要があり、場合によっては断られてしまうことも珍しくありません。

また、カードローンは大きく分けて銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの2つに分けることが出来ます。どちらも同じカードローンであることには変わりありませんが、条件面や信用性で銀行系カードローンが上回っているのが通常です。

つまり、消費者金融系カードローンの審査が通っても銀行系カードローンの審査は通らない場合もあるのです。
銀行系のそれに限らず、各種カードローンはより条件が良いほど審査の基準も厳しくなります。

例えば規制内におけるカードローンの最高利率が18.0%なのに対し、3%や4%なのど低金利のカードローンも存在していますがこれらの場合、年収が一定額以上であること、同じ職場に一定期間勤めていることなどが必要最低条件となります。

また他にも年齢制限がある場合や、地域制限がある場合もあり良い条件のカードローンほど必要とされる条件は多いのです。
当然限度額もカードローンの種類によって異なりますが、限度額の場合はカードローンの種類以前に貸金法によって定められています。

総量規制という決まりによりカードローンなどのキャッシングは年収の3分の1までしか利用できないという決まりがあります。つまり、年収が300万しかない人が限度額300万円のカードローンはどうやっても利用することは出来ないということになるのです。

つまりカードローンを利用する上で大切なのは、自らに即した条件のカードローンを選ぶことです。より良い条件のカードローンを選びたくなる気持ちは分かりますが、審査に通らなければ何も意味はありません。

自らの条件の中でより良いカードローンを探すのが最適なのです。

関連記事はこちら: